【備忘録】WordPress「このサイトで重大なエラーが発生いたしました」の対処法

先日、WordPressをいじっていたら「重大なエラー」の警告が出ました。その時の対処法を記録します。

目次

WordPressから「重大なエラー」の警告

ある日、WordPressのプラグイン更新中の出来事。

電波が遅かったのかPCがフリーズし、リロードをかけたらその警告は表示されました。

このサイトで重大なエラーが発生いたしました。対応手順については、サイト管理者のメール受信ボックスを確認して下さい。

こやん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

焦ります。しかも会社の(適当)ブログだったので、月数十万PVが消えると思うとゾッとしました。

そしてメールが届かない

サイト管理者のメール受信ボックスを何度リロードしてもメールが届きません。

迷惑メールボックスやサーバーも直接確認しましたが、どこにも見当たりません。

こやん

もしかして詰んだか…?

対処法ありました。記録します。

会社のデータなので諦めるわけにはいきません。

しぶとくリサーチしたら、ありました、対処法。しかもWordPressのFAQに普通に載ってました

原因はプラグイン更新時のエラー。強制的に無効化することで解決できる

解決法はこちらのページの「ログインできない場合」→「プラグインの無効化」に記載がありました。

やはり、プラグインの更新時にリロードしたせいで上手く更新がかけられなかったのが原因でした。

エラーが起きているプラグインを探し、無効化することで回避できます。

ただし、一度全てのプラグインを無効化する必要があります。

サーバーに入りプラグインフォルダの名前を変更して無効化

私はFileZillaを使用しています。好きなFTPソフトで良いです。レンタルサーバーの管理画面から直接サーバーに入ってもいいと思います。

今回はわかりやすいようにFileZillaで見ていきます。

※Macユーザーの方:Cyberduckは確かディレクトリの名称変更ができなかったと思います。調べましたら明確な記事がなかったので、できれば他のFTPソフトの方が安心かと思います。

あなたのWordPressのディレクトリ(フォルダ)/ wp-content / 内に 「plugins」という名前のディレクトリがあります。

これの名前を変更することでプラグインを強制的に無効化できます。

「plugins」の上で右クリック→「名前の変更」

WordPressのFAQを見習って、今回は「pluginsxx」にし、エラーが出ているWordPressページにアクセスすると、見事に表示されています!

やはりプラグインの更新エラーでした…

こやん

よし!これで直った!

いえ、まだ直っていません。

プラグインに原因があることがわかり、WordPressにログインできるようになったので、ログインして犯人探しをします。

ログインまでの手順は以下。

  1.  /pluginsxx/の中にあるディレクトリを同じ手順で名前変更して無効化
  2.  /pluginsxx/を /plugins/に戻す

これでログインできるようになります。

その後、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」の一覧でチェックしながら、おかしい奴がいないか確認していきます。

まずはアクセス。

次にサーバーの中のディレクトリから「xx」を一つずつ外します。

一つ外す度にWordPress管理画面のプラグイン一覧ページをリロード。エラーが出ていないか確認します。

サーバーの「xx」を全て取り除き、管理画面のプラグインで「有効化」「削除」が選べるようになります。

私の場合はここで「有効化」しようとしたら「ファイルが存在しません」のエラーが出たので、プラグインを全て削除し、インストールし直しました。

その際、「更新してください」のメッセージが出ているプラグインが一つだけあったので、更新して削除。おそらくそのプラグインが原因だったようです。

プラグインの設定は消えましたが、掃除できたってことで…。

まとめ:更新は電波の良い場所でやろう

いかがでしたでしょうか。

プラグインの設定は消えましたが、最初のエラーメッセージからしたら復旧しただけで安心しました。

更新は電波の良い場所でやりましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ランキング参加しました!応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる