副業時間の作り方5選│誰でも簡単にできる効率化の方法【サラリーマンやOLにおすすめ】

お悩み

副業の時間が確保できません。本業の傍でも作業ができる時間の作り方を教えてください

最近では本業の傍で副業をするサラリーマンやOLが増えてきました。

けれど、副業は結構な作業時間がかかるので、時間の作り方で悩む方も多いです。

この記事では社会人でも簡単にできる副業時間の作り方をご紹介します。

筆者はこんな人

  • 本業は企業のマーケティング担当(ブログは月100万PV超)
  • 副業ブログ6ヶ月目
  • 4ヶ月目で5桁達成
  • 5ヶ月目で月3万円達成
  • 最高収益5.6万円(5.5~6.5ヶ月の期間)
こやん

よろしくお願いします!

目次

副業の作業時間の作り方5選

副業時間のおすすめの作り方は以下。

  1. スキマ時間を有効活用(作業時間はまとまっていなくてOK)
  2. 作業をタスク化する
  3. 時間を決める
  4. ルーティン化する
  5. 効率化する

一つずつご紹介していきます。

スキマ時間を有効活用(作業時間はまとまっていなくてOK)

副業時間は、そもそもまとまった時間を作らなくてもOKです。

むしろスキマ時間を有効活用する方が副業は効率化できます。

例えばスキマ時間を有効活用すると以下のような働き方ができます。

  • 朝の通勤時間に今日のタスクを整理する(15分)
  • 昼休みに潰せるタスクは潰す(15分)
  • 退勤時間に潰せるタスクは潰す(15分)
  • 帰宅後仕上げ作業(1〜1.5時間)
なるほど!

平日でも2時間前後の作業時間が作れますね

やることがないまま漠然と時間を作ろうとするよりも、スキマ時間を使って的確に作業を潰していく方が効率的に副業に取り組めます。

こやん

私も料理の煮込み時間にスマホで見出しを作っています

作業をタスク化する

作業内容を明確にすればあとはタスクを潰すだけでOKなので、副業がとても楽になります

「今日は何をしよう」と考えるのは案外ストレスになります。

反対に、今日するべきことがわかっているとスムーズに作業に取り組めるので、そもそもの作業時間を削減することができます

作業内容はゴールから逆算するのがベストです。

例えば、7日後のテストで50点アップするなら以下のタスクを試します。

  • 50点アップするためにどのくらいの時間が必要か割り出す
  • ÷7で1日に必要な作業時間を出し、取り組む

もっと細かく言えば、苦手教科に取り組んで大きく+50点する方法もあるし、一教科ずつ+10点上げる方法もあります。

7日で50点が難しければ、目標自体の見直しをします。

ゴールとスケジュールから逆算してタスク化すると、あとはそれを潰すだけで欲しい未来が手に入りやすくなります。

自然とやるべきことが見えてきますし、何をすれば良いかわからない状態がなくなるのでスムーズに作業することができます。

時間を決める

副業時間を効率的に使うには、時間を決めて、短い時間で濃い作業内容にするのがおすすめです。

なぜなら、人間の集中力は長くは続きません。

これは生物学的にそういう作りだそうなので、集中が続かなくても気にすることはありません。

「今日はこれだけやる」という時間を決めて作業に取り組むと時間を効率的に使えます

例えば以下のような方法があります。

  • 朝1時間早起きをして作業をする
  • 帰宅後1時間作業をする
  • 休日は午前中3時間作業をする

この時間の中で先に決めたタスクをこなせるようにします。

生活リズムも崩れにくく、本業やライフスタイルに大きな影響が出ないのでおすすめです。

ルーティン化する

副業時間を作るためには、作業をルーティン化するのがおすすめです。

副業の作業に感情はいりません。やるべきことを的確にこなせればOKです。

作業に感情が入ると、「疲れた」「めんどくさい」「周りが気になる」「結果が欲しい」「あれもこれも勉強したい」「もっと工夫できる」など、今やるべきことと関係ないことを考えてしまいがちです。

まずは自分の組み立てたタスクの作業を効率的にこなし、その後の自由時間で自分の感情と向き合いましょう。

ご参考までに、副業でブログ運営をしている私のルーティンをご紹介します。

こやん

私はこのルーティンで作業をしています

  • 朝:キーワードリサーチ(15分)
  • 本業:残業しないために全力投球
  • 定時〜18時頃まで:キーワードリサーチの続き&見出し作成(1時間前後)
  • 夕飯作り:煮込み時間・湯沸かし時間などで記事制作(10分程度)
  • 夜の家事終了後:記事作成、画像作成(1時間前後)
  • 髪を乾かす時間:次のキーワード決め(10分)
  • 休日:午前中3時間、夜2時間(午後は予定がなければ1時間程度の作業と読書)

毎日のルーティンにすると、やることが当たり前の仕組みにできます。

感情が乗らず、ひたすら作業ができるのでおすすめです。

なるほど!

やること・時間・ルーティンが決まればあとはこなすだけでOKですね

効率化する

副業は自分一人で作業をするので、常に効率化を考えて取り組みましょう

収益が出てきたら外注するという選択肢もありますが、最初のうちは一人でやる場合が多いです。

作業を効率化することで、そもそも副業にかける時間が削減できます。

副業によって効率化の方法は異なりますが、ご参考までに私が副業ブログをする際の効率化の方法をご紹介します。

  • 記事作成はSEOキーワードから行う:お題で悩まなくなる
  • 使いまわす文章はストックしておく:頻繁にしようする広告タグ、自己紹介文など
  • 文章の型に沿って作成する:結論→理由→具体例→結論

やることが明確化になれば効率化の仕組み作りも意外と簡単にできますので、早速効率化できる部分を探してみましょう。

時間が作りやすい副業の特徴3つ

副業と一口に言っても、さまざまな種類があります。

サラリーマンやOLが時間が作りやすい副業の特徴は以下です。

  1. 時間にとらわれない
  2. 場所にとらわれない
  3. 納期がなく自分のペースでできる

時間にとらわれない

時間にとらわれない=スキマ時間を有効活用できる副業です。

ご紹介した通り、スキマ時間は副業をやる上でとても重要な時間です。

スキマ時間を有効活用できなければ、時間を作るのが突然難しくなります。

副業を選ぶ時は時間にとらわれない働き方ができるものを選びましょう。

場所にとらわれない

場所にとらわれない=スキマ時間を活かしつつどこでも作業できる副業です。

アルバイトのように場所が決まった副業は元々のライフスタイルを崩さなければならないケースに発展しがちです。

通勤時間や半身浴の時間、休日のカフェなど場所にとらわれない副業にすれば、いつでもどこでも副業ができます。

副業を選ぶ時は場所にとらわれない働き方ができるものを選びましょう。

納期がなく自分のペースでできる

納期がない=ライフスタイルを崩さずに自分のペースで働ける副業です。

まずは副業でどのくらい時間を作れるか、どのくらいの作業ができるのかを自分で確かめることが大切です。

必ず自分のペースがありますので、その範囲を無理に超えてしまうと体調を崩したり副業が嫌になって失敗に終わってしまいます。

まずは自分が続けられる範囲のペースを見つけることから始めてみましょう。

自分のペースが見つかり、スケジュール管理ができるようになったら、作業時間を増やしたり納期のある仕事を受注するのは大いにアリです。収入アップ・作業効率アップ・品質アップ・経験値アップにつながります。

時間が作りやすい副業1つだけ

上記の3つの特徴を全て兼ね備えたおすすめの副業はブログです。

ブログはPCやスマホがあればいつでもどこでも作業ができますし、蓄積型の広告メディアなので納期も自分で決められます。

収益化するまでに半年〜1年の時間はかかるものの、正しいやり方で一度軌道に乗せれば不労所得が狙える夢のある副業です。

まずは月3〜5万円、徐々に月10〜20万円程度を目指して挑戦してみましょう。

副業ブログの働き方については以下の記事でご紹介しています。

まとめ:副業の時間は作れる。効率的に副業をしましょう

いかがでしたでしょうか。

副業時間の作り方は、日々のライフスタイルを変えることなく、ちょっとした工夫で確保できそうです。

一番大切なことは「続けること」です。

まずはあなたが続けやすい環境や作業内容を整えて、徐々に拡大していきましょう。

なるほど!

これならできそう!早速やることリストを作ります

2020年以降、社会人やOLに副業ブームが到来しています。始めるなら今がチャンスです。

この記事を読んで実際に行動する人は100人中3人程度だそうです。

その中でさらに継続できる人は3人だそうです。

知識を得るだけでは何も変わりません。副業でブログを始めるなら、早速今から動き出しましょう!

5〜10分程度で簡単にWordPressブログを作るならコレ!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキング参加しました!応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる